スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理性と錯乱の果て

精密検査から、悩みに悩んだ3週間。

麻酔などの、手術リスク。
手術の影響による、障害進行の可能性。
小太郎の体力・気力への影響。
長期にわたるリハビリの可能性。

心配要素は、いろいろあるけれど…

それでも。

この先、どんどん年をとっていく小太郎。
体力がある今のうちに、手術してしまった方がいいんじゃなかろうか。

そう考え、ためらい半分・決心半分で、医療センターに電話しました。

そして、担当の先生から問われるまま、検査後の状況を細かく説明し
「必要なら、体力のある今のうちに、手術をしたいと思うんですが…」
と伝えたところ。

「手術は、急がない方が良さそうです。」

とのお返事。



………はぃ?

予想外の展開に、とまどうワタシ。



先生いわく。

検査後の経緯も含めて考えると、小太郎のヘルニアは急性ではなくすでに慢性化しているらしい。
慢性ヘルニアの場合、飛び出した椎間板が脊髄に癒着している可能性がある。
その状況での手術は、脊髄に張り付いた椎間板をはがすことになり、脊髄の損傷が予想される。
さらに小太郎の場合、全ての椎間板に変性が見られる。
ということは、飛び出している椎間板も変性・石灰化していると思われる。
そうなると、手術では、脊髄に癒着した石灰化した椎間板を削り取ることになる。
当然、脊髄や神経を損傷するリスクが高くなる。

つまり、手術したがために、完全な下半身麻痺と排泄障害が出る可能性が通常より高いらしい。

はっきりしたことは、手術で開けてみないとわからないとのことですが。


現在の小太郎は、かなりステロイドの量を減らしているけれど(1日10mg)、麻痺などがぶり返すこともなく、すこぶる良好。
神経反射もかなり改善していて、ほぼ正常といっていい状態。

内科治療でそこまでいい結果が得られている以上、このままいった方がいいかもしれない。
急性ヘルニアならば、あるいは、ステロイドの副作用が既に現れているなら、今手術をする意味もあるけれど。
現在の小太郎にとっては、今手術をする意義は低い。
かえって、このまま手術せずにいた方がいいかもしれない。

とのこと。

気合入れて電話しただけに、ちょっと肩透かしの感もあったけれど。
手術せずに済むなら、その方がいい。
ってゆーか、「手術しない方がいいかもしれない」 なんて言われたら…
「それでも手術して!」 なんて言う度胸、ありません。
手術の影響がかなり高そうに感じる先生の口ぶりを聞いたら、なおさら。


そして夕方。
前回処方してもらった薬が終わるので、かかりつけの病院に行って、改めて地元の先生と相談。
(こーゆーのも、「セカンドオピニオン」 って言うのかな?)

すると、こちらの先生もまた
「手術しなくても、良さそうですね。 この状態なら、手術はお勧めしません」
とのこと。

なんか、雲が切れて、一気に晴れ間がのぞいた感じ。

そんなわけで、決定しました。


今は手術せず、このままいく


ワタシが3週間、くよくようじうじ悩み続けたのは、一体何だったんだ。
って言うくらい、あっけないような結末(しかもハッピーエンド的な)。
かえって、脱力してしまったところもありますが。

でも見方を変えれば。
ワタシがうじうじ悩んでいた間に、小太郎が目覚しい回復を見せてくれたわけで…
スパッと手術に踏み切っていたら、こんな結末は無かったかもしれない。
そう思えば、ワタシがくよくよ悩んでいた価値も、ちょっとはあったかなぁ、なんてね。

もちろん、完全に元通りの生活ってわけにはいかない。
走るの禁止、車に飛び乗ったり飛び降りたりも禁止、段差は避ける、ジャンプしない、ドッグランでのオフ・リードはもってのほか、などなど。
十分な注意は必要だけれど。
せっかく回復してくれたんだから、このまま、できるだけ長く、できればずっと。
現状維持していきたいと思います。


今回は、ワン友をはじめ、たくさんの方から応援や励ましをいただきました。
本当に、ありがとうございます。

「たかが犬の事じゃん」 なんて言われることもなく。
我が事のように心配や不安を共有してもらえるのは、本当に幸せなことだと思います。
幸せなワンコ生活には、ナイスなワン友が欠かせませんね。





余談ですが…

元々ワタシ、かなりの肩こりだったんですが…
このところ、首を動かした時に肩にビリッとした痛みが走ったり、腕に痺れを感じたりしまして。
小太郎の介護で、ワタシまでどっか痛めたかと、整形外科を受診したところ。
頚椎が変形していて、頚椎間の隙間が少し狭くなってるとのこと。
何か、どっかで聞いたことある… とビビった結果。

「首の頚椎変形で圧迫されたことによる神経炎 (軽度の頚椎椎間板ヘルニアの可能性もあり)」
って…

小太郎は腰で、あたしゃ首かいっ!

心の中で、思いっきりツッコミ入れた瞬間でした。
トホホ…

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2009/03/03(火) 21:25:27|
  2. わん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気分転換 | ホーム | 理性と錯乱のはざま>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inugasuki.blog24.fc2.com/tb.php/536-89e3829f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。