スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高齢犬のヘルニア事情が知りたいっ

小太郎が椎間板ヘルニアだと判明して以来
毎日のように、犬の医療辞典やネットなどで、椎間板ヘルニアについて調べまくってます。


でも、知りたい情報が見つからないー


単純に、『椎間板ヘルニア』 って病気に関しての情報なら、わんさとありましたとも。


でもねぇ…


ダックスなどの小型犬、それも若年齢での治療例や回復事例がほとんど。

そりゃ、ダックスやコーギーといった胴長犬種、それも5~6才もしくはそれ以下の若年での発症が圧倒的に多いのは、確かなんだろうけど。



ワタシが知りたいのは、高齢の大型犬での発症と、その回復例。
高齢で手術したコの術後の経過例とか、飼い主さんがあえて高齢での手術を決意した決め手とか



日々、手術するべきか、それとも、せざるべきか

悶々と葛藤している身としては


そーゆーことを、参考にしたいのよぉ…


そうです。
まだ悩んでます。

かなり、手術する決意が高まりつつも…

いざ、病院に手術依頼の電話をかけようとすると、ダイヤルする手が止まってしまうんです。
あと一歩が、踏み出せない。


なので、同じような症状のワンコを抱えた飼い主さんが、どんな決断をしてらっしゃるのか。


あーっ、知りたいっっ!



※現在のワタシの心境※

バンジージャンプに挑戦しようとして、カウントが始まり
「ワン… ツー…   
『バンジー!』 の直前で

だぁぁ~~~!!
待って! ちょっと待ってぇー!!


と、叫び出すような状態。

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/23(月) 16:43:37|
  2. わん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怒涛の10日間 -前編 1/28~2/2- | ホーム | 小太郎の病状>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inugasuki.blog24.fc2.com/tb.php/532-be62260a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。