スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

絶妙な、間

夜、小太郎を寝る前のおトイレ散歩に連れて行った時のこと。

いつもは静かな夜の道で、背後から近づいてくる、きゃぴきゃぴ(←死語?)した雰囲気。

こ、これは…

小太郎の大好きな

女子大生の集団?
(ウチのすぐ近くに、大学があるのデス)



この華やかかつきゃぴきゃぴの雰囲気に、小太郎が気付かぬワケがない。
尻尾のフリが、倍速になりました (^m^)
そして、歩きつつも、ちらちら後ろを気にする小太郎。


そーかい、そーかい。
そんなに、若いお嬢さん方が、気になるかい。


その間も、着実に近づいてくる、華やか集団。
それを待つように、歩みが遅くなる小太郎。


そして。
ひそやかに聞こえてきました。


「ねぇねぇ、ラブラドールじゃない?」
「きゃぁ~、かわいいー
「お利口そう~」

などなど、口々に囁かれる、褒め言葉。


夜の住宅街なので、お嬢さん方はかなり声を抑えておりましたが…
もちろん、小太郎の耳には、しっかり届きましたとも。
心なしか、歩き方がしゃきっとしましたから(苦笑)

それでも。
ちゃんと「ヒール」をしつつも(「おりこう~」と言われたいから)
ちーらちらと、後ろに視線を送る小太郎。


よそみして歩いてると、コケるよ。


と、思った瞬間。
やってくれました。


頭を電信柱に、ゴツンとね。


ビックリして立ち止まり。
頭を振りつつ、「ブシッ」と妙なくしゃみを発した小太郎。

何ともおマヌケな、その姿。

しかも、その電信柱には街路灯がついていたので…
後ろから近づいてきていたお嬢さん方にも、バッチリ見られちゃいましたよ。


その証拠に、一瞬しーんとした後に聞こえてきた、「ぷぷっ」という噴出す声。
そして、くすくす笑い合う声。
「漫画みたいー」という声も、聞こえました。


が。
さすが小太郎と言うべきか?
笑われながらも、「やだー、かっわいーと言われましたから。


褒められるだけでなく、笑いもとる。
何とも、絶妙ですね。
そして更に、褒め言葉をもらう。
通りすがりのお嬢さん方とワタシの親密度は、笑いを共有したことで、一気に増しました。


そしてお嬢さん方は、口々に小太郎を褒めつつ、「ばいばい♪」と手を振り、角を曲がって行ってしまったのでした。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2007/07/09(月) 23:40:28|
  2. わん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンタの行動 | ホーム | たまたまたまご>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inugasuki.blog24.fc2.com/tb.php/366-793a611d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。