スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年寄りの冷や水

夕方の散歩時のこと。

突如として、若いラブの女のコ(8ヶ月)相手に「ラブラブ・モード」に突入した小太郎さん。

この女のコとは、かなり以前、このコがまだパピパピしていた頃からの顔見知りなんだけど…
しかも、以前は仲良くする素振りすらなかったんだけど…

最近になって小太郎は、急にこのコにメロメロになった。


ふと、自分好みだと気付いたのか?
もしくは、成長して、小太郎の守備範囲内に入ったのか?


とにかく、このコの気を引こうと、必死の小太郎くん。

鼻でつついたり、甘噛みしたり、勢い余って毛をむしってしまったり(ぉぃぉぃ)
とにかく、猛烈なアピールぶり。


でもって
そのコが、小太郎のしつこさに怒って飛びかかってくると…
それはそれは嬉しそうに、飛び跳ねて身をかわす。
へらへらと笑いながら…


若い娘っコに、ちょっかい出して…
かまってもらって…(たとえ怒りゆえでも)



そんなに、嬉しいのかぃ…


オスじゃのぉ… ヽ(´ω`)ノ



しかし、世の中そんなに甘くない。


何しろ相手は、生後8ヶ月のぴっちぴち。

かたや小太郎は、来月10歳を迎える、じー様。


パワーが違う。
ってか、体のしなやかさが違う。



結果


小太郎、負傷 (ノД`)
はしゃいで飛び跳ねた拍子に、後ろ脚を「ぐきっ」とね。

骨には異常ないけれど、ひょこひょこびっこを引いていた。
軽いねんざかな?


ほれ、見なさい。
若い娘に、でれでれしてるからですよ。
いいトコ見せようと、張り切りすぎですよ。


いくらワタシが、「末永ーく、若々しく元気でいてちょうだい」と言っているにしても…


意味、違うから!!



でも、そんなワタシの心の声など、小太郎は丸っきり気付いていないようで…

びっこを引きながらも、懲りずにそのコにちょっかい出そうと、隙を窺っていた。


脚、痛いんじゃないのか?
自分の状況、把握しろ!

立派なシニアなんだから、無理は禁物。

根性だけは、認めるが。



しかし、ホント

いくつになっても、オスってやつは…(ため息)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2007/06/25(月) 23:54:22|
  2. わん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<懲りないオトコ | ホーム | 待ちに待った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inugasuki.blog24.fc2.com/tb.php/358-bf3d3af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。