スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毛穴全開

夕方(と言っても、既に真っ暗だったけど)、車を運転していた時のこと。


いきなり、猫が飛び出してきた。

それも、数m先なんてもんじゃなく、ホントに目と鼻の先。
多分1~2mしか余裕は無かったと思う。

慌てて急ブレーキを踏んだけど…



間に合わない!


無理!



絶対 轢く!!



と思った。



心臓ばっくばく
毛穴全開
冷や汗噴出




車が止まって、恐る恐るバックミラーを除くと
ぼんやり街灯に照らされた路上に、黒い塊。



ひぃぃぃぃ~~


やっぱり?


轢いちゃったーー!!


(((( ;゚Д゚)))




急いで車を降りて、恐る恐る近づく。
と…

目が合った。


い、生きてるぅ~~


ホッとしたあまり、腰抜けそうになりました。


でも、ケガしてるかもしれないし、腰抜かしてる場合じゃない。
と、更に近づくと。

いきなり、猫がパッと走り去った。



あれ??




無傷? ヽ(。_゜)ノ




安心したけど、しばしボー然。



確認したら、路上にも血の痕も何の痕跡も無し。

そういえば、「轢いた!」とは思ったけど、何の衝撃も感じなかった。
距離的には、絶対避けられなかったハズなのに。




もしかして…


偶然、猫が飛び出して着地したのが両方のタイヤの中間だったのか?
ものすごく確率の低い偶然だと思うけど。

目の前に猫が飛び出してきて、車が通過した場所に猫がいたんだから
そうとしか考えられないよなぁ…



だとしたら。


急ブレーキは踏んでも、ハンドルは切らなくて良かった。
単に、ブレーキ踏みながらハンドル切るだけの余裕が無かったからだけど。

この場合は、それが幸いだったんだよな。


轢かなくて良かった…



それにしても、寿命がちぢむほどビックリした。

全身冷や汗でビッショリだったし、しばらく心臓もばくばくしたままだったし。
手足ガクガクだったし。


猫さんは、室内飼いして欲しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

  1. 2006/12/11(月) 00:02:45|
  2. わん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<筋肉痛の予感 | ホーム | 野望 4/180>>

コメント

ひゃー良かったですね何事もなくて
読ませてもらいながら冷や汗・・・嫌な年末になるところでしたもの
疲れ100倍倍増ですよね
先日 我家の元気印 だんくん(プードル)車から降ろすときリード付けようとしていたとき、手をすり抜けて車から飛び降り
そこは駐車場・・・行きかう車あり 腰が抜けそうになりました
躾がなってないとお叱りを受けそうですが、、、大嫌いな野良猫が通過 思わず本能発揮・・・幸い直ぐ手元に帰りましたが思い出しても
ぞっとします、飼い主さんチョット目を放した隙の交通事故 注意ですね 引いたほうも被害者になります あの嫌な気分・・・
飼い主のちょっとした慣れとすき  今回の日記大きくうなずきました
反省です 
  1. 2006/12/11(月) 08:57:05 |
  2. URL |
  3. はなちゃん #-
  4. [ 編集]

ホントに、何事もなく済んで良かったです。
でも、だんくんも大変な事になるところだったんですね。
駐車場でのワンの飛び出し… ウチの令ちゃんもやりました。
ちょうど友達ワンの姿を見つけてしまって、ぴょーんと…
思い出しても冷や汗たらたら。
いつもはリードを付けて「よし」と言うまで絶対に車から降りないのに
こういう時が、危険なんでしょうね。魔の瞬間と言うような…
やっぱり、十分に気をつけないと! ですね。
  1. 2006/12/13(水) 00:05:53 |
  2. URL |
  3. KYU #UKuDJshk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inugasuki.blog24.fc2.com/tb.php/245-61e08b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。