スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理性と錯乱のはざま

検査を終えて小太郎の病状がはっきりして以来

手術するべきか、否か

日々、頭を悩ませてます。

手術した方が安心だよなぁ… と思いつつも、その一瞬後
でもでも、リスクがなぁ… と、行ったり来たり。

一般的な手術のリスクもあるけれど、椎間板ヘルニアの手術の場合。
手術の影響で、かえって麻痺や排泄障害の度合いが進むこともあるとのこと。
何しろ、椎間板にたどりつくためには、脊椎を切り開くんだもんねぇ…。
「切り開く」 と言っても、何しろ背骨だから。
メスでスパッ なんて切れるわけない。
ドリルで穴を開けて、開くんだそうな…
で、その際の振動やらで、脊髄を通る神経が影響を受ける可能性がある、と。

おまけに、手術が無事終わって、それで 「はい、完治」 ってわけでもない。
長いリハビリが待ってる。
早いコなら数週間てこともあるらしいけど、長ければ一年近くかかるリハビリ。

果たして、小太郎は耐えられるか?


ryoyo1
2月2日撮影 : 元気そうに見えるけど…



ryoyo2
寝そべっても、腰から下は位置もポーズも変わらず


かといって、このまま手術しないでいるのは、爆弾を抱えてるのと一緒。
いくら薬で抑えてるとはいっても、何かのはずみで脊髄への圧迫が強くなれば、完全な下半身麻痺や排泄障害が出る。

薬の問題もある。
ステロイド剤の長期服用は、副作用の問題でできない。
今も、少しずつ薬の量を減らしています。
うまくいけば、このまま薬を完全に絶って…
でも、また痛みや麻痺が出たら、再度薬を投与することになる。

たとえばこの先、脊髄への圧迫がひどくなって、ヘルニアのグレードが上がれば、結局手術が必要になる。
ステロイド剤も、体に耐性ができて、効かなくなる可能性がある。
その場合も、手術すべき、となる。

そんな、あれやこれやを考えると、「手術しよう」 と思うんだけど…
またもや、手術のリスクが頭を持ち上げてくる。

で、なかなか踏ん切りがつかない。

そんなこんな、答えの出ない堂々巡りをしていると、何かがプチッと切れる瞬間がくる。
で…

なまじ、薬で良くなってるように見えるから、踏ん切りつかないのよっ!
いっそ薬が全然効かなきゃ、あきらめて手術するのにーっ!


などと、わけわからないことを叫び出してみたり。

『悪魔の目(@デス・ノート)』 で、小太郎の残り寿命がわかればいーのにっ!

などと、さらにわけわからないことを叫び出す始末。

そう、ワタシがうじうじと手術を迷っている最大の理由。

それは、小太郎の残り寿命。

手術のリスクや、後遺症なんかの問題より、小太郎があと何年生きられるのか。
手術や長いリハビリをさせる、意味があるか。
手術の傷の痛みやリハビリなどが、かえって気力体力を奪って、結果的に寿命を削ることになりはしないか。
その一点で、切実に悩んでると言っていい。

そりゃ、希望がかなうなら、ワンコご長寿世界記録を塗り替えるくらい長生きして欲しい。
でも、周囲の先輩ラブやゴールデンのコ達は、だいだい11~12才で虹の橋を渡ってる。
現在11才半の小太郎は、ラブの寿命年齢に達してるとみていい。
言ってみれば、この先は 「おまけ」 の時間。
それを思うと…

ryoyo3
症状も回復も一段落した2月10日
掛け布団の中には湯たんぽが入れてあったりする
すっかり、過保護にされた箱入り坊ちゃん状態



この先、ヘルニアが悪化するかもしれない、薬が効かなくなるかもしれない。
でも、そうなるのが先か、小太郎の寿命が先か。

手術を受けてリハビリして、回復するかもしれない。
でも、回復が先か、寿命が先か。

小太郎がもうちょっと若ければ…
せめて、一年前だったら…

何回、それを考えただろう。
そんな事、考えても無駄だとわかってる。
だけど、どうしても考えてしまう。
考えずには、いられない。

おかげで、思考回路は、どっぷり袋小路。

気が付けば、小太郎に向かって、
「ねぇ、あと何年くらい頑張れそう? 2~3年くらいはいける?」

などと、アホなことを問いかけていたりする。

やばいやばい。

ryoyo4
油断してると動き回ってしまうので、現在はケージ入り
普段はここに入ってて、トイレとゴハン、そしてちょっとのお散歩の時だけ、外に出します
これぞ、ホントの箱入りムスコ
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/28(土) 06:05:04|
  2. わん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。